2014年03月29日

やはり笑顔が重要か

引越しで対応してくれた方々、皆さん自然な笑顔でした。
それだけでこちらは気持ちよくことを進められます。
笑顔って重要だなぁと再確認。
自分も笑顔を意識はしていますが、多分ただニヤけている感じかと。
マジメに訓練してみるか…。
posted by ヒマタム at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

寒さ対策の検討

不動産屋の「この物件はプロパンでも都市ガス並みの値段ですよ」の
言葉を信じて入居しましたが、ガスの開栓をしてくれた担当者の方に
聞いてみたら、「いや、都市ガスより高いですよ」とのこと。
まぁ、そうっすよね…。
しかも「この部屋のエアコンはガスエアコンなので、
あまり使わないほうがいいです。料金が凄いことになります」とのこと。
普通のエアコンのほうがよかった…。orz
結局、着る毛布を買ってみました。
ぽかぽか暖かいです。
ジェダイごっこもできますよ。
しませんけど。
posted by ヒマタム at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

電子書籍の検討

引越しで重量的に一番重かったのは、漫画とか本だと思います。
前々から値段が安い割りに体積や重量のある物体だなぁとは思っていましたが、
これが結構邪魔です。
いや、邪魔っていうと語弊があるか…。
ともかく、今後これらは減らしたいわけです。
引越しのときも、もう読まなさそうな本は売りました。
たまに読み返して面白い本は残しています。
年に一回読むか読まないかレベルなんですが、手放せません。
今後こういう本が増えていくわけですよ。
どんどん本が占める体積・重量が増えていく。

これをどうにかするには、電子書籍しかない気がします。
電子書籍を買わないにしても、すでにある本を裁断して、スキャンして。
# 最近は、本を送ると裁断して返送してくれるサービスがあるらしいですよ。

でも、好きな本って、本のまま持っていたい。
ゆゆ式とか。
結局本という物質と一生付き合わなきゃなのかなぁ。
posted by ヒマタム at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

物の多さ

引越しにて。
自分のようなクソみたいな人間でも、たくさんの持ち物があることに絶望しました。
社会的にはいてもいなくてもいいのに、物だけはたくさんなのね、と。
たくさんといっても、自分は少ないほうだと思います…。
必要最低限度です。
でも、こんなやつでも必要最低限の生活をするために、
これだけの量の物が必要だという現実がなんか精神的ダメージを…。
posted by ヒマタム at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

久々に感じた寂しさ

引っ越してしばらくは、手違いのおかげでネット回線が使えませんでした。
時たま隣の音が聞こえるものの、基本的には静か。
なんか寂しくなりました。
あの状態が続いたら、婚活始めそうでしたよ。

多分、ゆかりんの昔の元気な曲を延々と流していて、
最近のゆかりんの鬱ツイートとのギャップに変なスイッチが入ったせいな気がします。

あの頃は良かった的なことを勝手に重ねて勝手に寂しくなるとか…。
posted by ヒマタム at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

引っ越しめんどくさかった

ほぼすべて業者任せにしましたが、精神的に疲れました。
もう当分は引越ししたくない…。

でもまぁ、鉄筋コンクリートの物件に引っ越したので、
もう騒音に悩まされないだろうし、当分は大丈夫。
とか思ったら、部屋の片側の壁がなんかコンクリっぽくないという…。
隣の部屋のドアの開閉音や、足音が良く聞こえます。
なんのために鉄筋コンクリートにしたんだと…。
コンクリしてる逆側の壁からはなんの音も聞こえず。
もう嫌だ…。orz
posted by ヒマタム at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

実はBtoCの接客のほうが楽なのではないかという疑惑

最近引越しに関連する手続きで、
自分が一般顧客としていろんな会社とやりとりする機会がありました。

一部揉めたりしたんですが、そのときのあちらの対応は、
とりあえず平謝り。
でもこっちが強くクレームつけても、
あちらがこっちを切り離す気になってしまえばそれまでという雰囲気。
「嫌なら買わなければ?」というような。

あちらの対応がおかしいとこっちは思ってるわけですけど、
仮にそれが本当だとしても、「だからどうした?」てな感じです。
担当者の人も「あー、面倒なのきた。とりあえずずっと平謝りしておこう」くらいの感じ。
あちらから見たら、たくさんいる顧客の一人くらい、
大したことないのでしょう…。

逆にBtoBの場面だと、謝っても、返金しても意味がなく、
どうにかすることを強要されがち。
こっちは会社のブランドにキズをつけられないから、
販売者よりも購入者の立場のほうが圧倒的上…。
「嫌なら買わなくて良いです」とはできないわけで。

なんかそう考えるとBtoCのほうがゴールが見えてるだけ楽なような。
でもわけのわからんクレーマー相手するのは大変かも…。
posted by ヒマタム at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする