2014年06月29日

サザエbotが告発サービスを開始するとか

日本版ウィキリークス?あのサザエbotが内部告発から情報拡散までを扱う「サザリークス」を開始 - ライブドアニュース

認知度を上げてから本命を実行?
なんだか攻殻っぽさを感じる。
今後どうなるのか、私気になります。
posted by ヒマタム at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

安物買いの銭失い

昨日、急に焼肉が食べたくなったので、近所のスーパーで
焼肉セット(半額シール)を買ってきました。
いざ食べてみたら、味は置いておいて、肉が薄すぎて食べた気がしない。

結局今日、別のスーパーで食べごたえのありそうなお肉を買って来て一人焼肉。
結果大満足。
だけど、昨日の焼肉セットも安くはなかったんだよなぁ。
最初からいいものを買えばよかったと後悔中。

あと、勢いで肉を買いすぎてしまったことも後悔中…。
冷凍しとこ。
posted by ヒマタム at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

何この仕打ち

残業でへとへとになりながらの帰り道、
近所のスーパーで奮発して半額になってた焼き鳥パックを買いました。
家に帰って、パックを止めていた輪ゴムを外したら、
パックが焼き鳥自体の重さでぐにゃっとなって、
焼き鳥が掃除してない床にぼてっと落ちましたとさ。
しかもYシャツをかすめて汚れたし。

なに?何か悪いことした?
なんかもう、ただただ悲しい…。
posted by ヒマタム at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

会社に必要とされるコミュ力の正体

就活中、「今はコミュニケーション能力が重視される世の中だ」的な
話を良く聞いたものですが、ここでいうコミュ力って、
別にリア充的なコミュ力のことじゃなくて、
社会に出ていろいろな人とやりとりするために必要な最小限の会話力を
指してるんだと思います。
意見を求められたら自分の意見をちゃんと伝えられるとか、
逆に相手の意見の意味がわからなければわかるまでちゃんとたずねられるとか、
人と会話とかで不必要に荒波を立てないとか、その程度。
人から何か言われても、わかってんだかわかってないんだか
反応が薄かったりするのはダメでしょうけども、
そこまでいかなければセーフでは。
就職活動中はコミュ力を深刻に捉えすぎて、
「自分にはコミュ力がないから」とか腐ってる人がいたけど、
今思えばもったいなかったんじゃなかろうかと。

何が言いたいのかといえば、就活生はコミュ力のことを深刻に
考えすぎずに就職活動を続けたらいいんじゃないでしょうかってことです。
posted by ヒマタム at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CBR125Rをレンタルしてみました

今後バイクを購入するとき用に、インプレ的なものを書き留めておこうかと。

CBR125RはCBR系な見た目を持ってる原付2種。
原付2種ゆえ、車の保険のオプションで格安な保険が使えるし、
燃費もなかなかよくて経済的なバイクです。
ただ高速乗れないのがネックですね、原2は。
# 今回レンタルしてみて、仮に高速を走ってよかったとしても走りたくなくなりましたが…。

そんなCBR125Rをホンダドリームでレンタルできたので、
教習所で免許とって以来初めてバイクに乗ってきました。
# 原付なのでレンタル料もリーズナブルでしたよ。
DSC_6890.jpg

■いいところ
・軽い
 ボディサイズは125にしては大きめですが、取り回しは結構楽です。

・エンジン回してる感が楽しい
 回さないと車の流れについていけないので回すわけですが、
 結構楽しいです。
 と同時に疲れちゃいますが。
 でも結構回してるなぁと思っても、まだまだ上に余裕があったりするのでビックリ。

・おしりが痛くならないシート
 4時間くらい乗ってましたがおしりは無事でした。
 微妙におしりの位置をずらせるくらいの余裕があるのもいいですね。
 
■ここがちょっと…
・125なのでパワーがない
 2速での低速走行は難あり。
 2速でUターン気味な道を左折したら、途中でエンストしました…。

・1速が神経質
 2速だとエンストしそうだからと1速に落とす。
 と、アクセルの微妙な操作に反応してガックンガックン。
 どのバイクもそうなのかもですが、1速に落とすときはブリッピングしないと
 急なエンブレがかかるので注意が必要。
 ブリッピングするにしても、1速はかなりローギアードなようで、
 結構回さないといけないので疲れる…。

・1速に入らない
 個体差かもしれませんが、1速に入らないことがそこそこありました。
 おかげで信号待ちでニュートラルに入れておく勇気が出ず、
 クラッチ握りっぱなし…。
 入らないときは本当に入らず、アクセル煽ってみたり、半クラにしてみたりしても
 なかなか入りません。
 根気良くやればいずれは入りますが、信号待ちの先頭でなると焦ります。

・アクセルレスポンスが悪い
 なんとなく遠心クラッチを思い出すようなレスポンスの悪さ。
 それなりに回していればそれなりのレスポンスだったようには重いますが、
 低速だと顕著。

・スーパーカブサウンド
 エキゾーストはカブを髣髴とさせる音です。
 そこまでは気になりませんけど。
 マフラーを換えるのもいいかもしれませんが、上まで回して乗ると思うので、
 わりと迷惑になりそうな気がします。

・結構きつい振動
 7,000回転を超えると振動が顕著になります。
 手にビリビリ振動が来るし、ミラーは振動で揺れてまともに見えません。
 合流とかで加速するために回すとミラーが見えなくなるので困ります。

・風の影響を受けやすい
 ほぼ無風のところを走っていても、不意に風のようなものに煽られることがありました。
 車体が軽いからだと思います。
 カウルの防風性能はどんなもんなんだろうか…。

■そのほか
・微妙にレバーが遠い
 おかげでクラッチ握るのも、ブレーキ握るのも段々疲労が蓄積します。
 自分の手は普通くらいだと思うんですが…。

・積載性ほぼなし
 シートの下に小物を入れて置けるくらいで、ほかはなしです。
 スポーツタイプはそんなもんな気もしますが。

・足つきはまずまず
 173cmくらいで短足ですが、両足つきます。
 べったりとは行きませんが、不安定感はありません。

■まとめ
デザインが好きなので割りとありです。
ただ回さなきゃいけなかったり、シフトチェンジがせわしなかったりで疲れるのも事実。
もうちょっとバイクに慣れてから再挑戦したいです。
次は125のスクーターにでも乗ってみるかなぁ。
posted by ヒマタム at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

バイク免許取得後、初の公道走行

CBR125Rをレンタルしてみました。
DSC_6891.jpg

今年の初めに中型二輪の免許を取って以来初めての公道走行です。
ビビリながらも楽しめました。

しかしまぁ125ということでパワー不足感が凄い。
国道とかでは流れに乗るのに一苦労。
おっかなびっくりなせいで、原付一種に煽られる始末。
# すぐ譲りますけどね…。
Uターン気味な交差点では2速で進入したら途中でエンストしたし。
すいてて良かった…。

原付二種は、経済的にはいいけども、初心者の趣味用としてはちょっと微妙かも。
ガンガン回せるような玄人なら性能引き出せて楽しいかもですけどね。

そしてバイクを買おうかと思っていたけれど、一旦取りやめることにします。
移動だけで疲れては困る…。
しばらくはレンタルで様子見します。
買うならスクーター系になりそうな予感。
posted by ヒマタム at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

夜の都会の街角で

古くからの友人と秋葉原で飲んできました。
飲んだ後は一緒に夜の秋葉原のはずれをとぼとぼと散歩してみたり。

秋葉原、昼間は騒がしいところなのに夜は割りと静かです。
中小企業の事務所街のような路地を歩き回ると、
微妙に廃墟っぽいところもあったりしてちょっとビックリ。
都会なのにひっそり&ノスタルジックだったりして面白かったです。
そのうちしっかりと時間を作る&ビジホを現地に手配して、
いろいろ見て歩きたいなぁ。

ただまぁ、一人で歩き回るのは流石に怖いですね。
誰かと一緒に行ってみよっと。
posted by ヒマタム at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

石田徹也展へ

平塚市美術館で開催している「石田徹也展」を見てきました。

石田徹也展−ノート、夢のしるし | 平塚市美術館

なかなか興味深かったですが、途中からはどう解釈していいかわからなくなり…。
芸術に理解がある人ならば理解できるんだろうか?
小学生くらいの子どもも居ましたが、どんな感想を持ったのか、
聞いてみたかったなぁ。

一緒にやっていた「袴田京太朗展」も見てきました。

袴田京太朗展−人と煙、その他− | 平塚市美術館

カラーのアクリル板を堆積させたものを切り出して、彫刻とした作品たち。
初めて見ました。
そして先の石田徹也展以上について行けませんでした…。

芸術は難しいなぁと再確認した一日でした。
posted by ヒマタム at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする