2018年04月20日

革靴のクリーニングをお願いしに行った話

長く使っている革靴が若干くたびれてきたので、
試しにクリーニングしてもらおうと靴修理のお店へ行きました。
クリーニングをお願いすると、なんだか複雑な表情で、
「ライトブラウンの靴はクリーニングするとシミになることが…」と。
「クリーニングはオススメしないってことですか?」と聞いてみると、
「そういうわけではないんだけど…」とまた微妙な反応。
詳しく聞いてみると、前にシミが残ってクレームになったことがあったらしい。
一度そういうことがあると、確かに勧めにくいわな…。
外側のクリーニングはしない方向になりつつある中、
「やっぱり外側もクリーニングしてさっぱりさせたい…」とぼやいていらっしゃる。
靴は綺麗にしたいけど、クレームは嫌だなという気持ちの葛藤がもろに出ている。(笑
よくよく聞いてみると、ほとんどの場合はシミにならないし、
シミになってもクリームを塗るから目立たない、ということだったので、
クリーニングをお願いしました。
そんなに高い靴でもないし、試してみるかなと。
結果が楽しみ。

それにしてもいかにも技術者ぽい感じで、なんだかほっこりしました。
もしかしたらそういう心理を巧みに操られたのかもしれないけど。
posted by ヒマタム at 19:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする