2010年05月06日

攻殻機動隊―灼熱の都市

サイズが無駄にデカいです。
何故かと言えば、大きめに取られた余白部分に、
劇場版攻殻の冒頭で少佐が飛び降りるシーンのパラパラ漫画が付いているから。
挿絵の代わりに映画のカットが入っていたりしますが、
少佐が無駄に裸だったりするので電車で読みにくいことこの上なかったです…。
しかし、どこを探しても見つからなかった本なので読めただけでテンション上がりました。(笑
意外にも地域の図書館にありましたよ。

肝心の内容ですが、ちょっと微妙だったような。
漫画版と比べると少佐のテンションがちょっと低く、それなのにドジが多い。
何回義体を換装したのやら…。
展開もかなり派手でビックリ。
まあでも読んでいると続きが気になってしまう感じで楽しめました。

ただ、文章表現がなんか稚拙に感じたのはワタクシの感性がよくないせいですかね。
きっとそうですね。

攻殻機動隊―灼熱の都市 (マガジン・ノベルス)
攻殻機動隊―灼熱の都市 (マガジン・ノベルス)
posted by ヒマタム at 21:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149003839

この記事へのトラックバック

「攻殻機動隊 灼熱の都市」 遠藤 明範 士郎 正宗
Excerpt: 映画2作もテレビのS.A.Cシリーズを見終わってしまっても、 私の攻殻機動隊への熱は収まりきらず、小説にも手をだすことに。 「攻殻機動隊 灼熱の都市」は、映画「攻殻機動隊 GHOST IN THE..
Weblog: 日々の書付
Tracked: 2013-02-05 20:32