2017年03月29日

サンダーボルトが想像以上

ネタバレ含みます。

よく動くし、作画が綺麗で緻密。
完成度が高いなぁと感じます。

そして臨場感。
見ているだけでその戦場にいるような気持ちになります。
おかげで、絶望感も半端なく、死への恐怖からおえってなりました…。

最初のほうは狙撃への絶望感が凄いです。
どこから撃たれるかもわからずデブリの中を進んで、
味方がどんどん撃たれて、死んで…。

その後は逆に、高性能なガンダムに蹂躙され、
撃ってもあたらず、一方的になぶり殺しにされ…。
自分は射撃しか能がないのに、接近された時の絶望感。

最終的には泥沼の戦闘で、どっちサイドもどんどん人が死んでいきますが、
自分がその場にいるような気持ちになってしまって、
次の瞬簡には死んでいるかもと思えて、死の恐怖が凄かったです。
この感覚は、映画のメンフィス・ベル (1990年の映画) - Wikipediaを見た時と近いです。

あとは地味に右手を取る手術のくだりもきつかったです。
ダリルの気持ちとか、カーラ先生の気持ちとか考えると…、つらすぎて…。

諸々、子どもが見たら、割とトラウマになりそう。
R-15相当な気がしますよ…。

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」第1話〜第4話を無料配信!本日より期間限定でスタート! | GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト

B01EHI4MOK
機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY (メーカー特典なし) [Blu-ray]
posted by ヒマタム at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック