2009年03月29日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第25話 「再生」

本日気になった所
・ブシドー1カットしか出てこず何のためのキャラだったのかいまいちわからない。
・姫様の演説で「努力していきたいと思います」的発言の後一瞬周りが静まり返っていたのがなんか笑えた。
・和室で切腹しているのは最初ブシドーかと思った。

リボンズの新型は変形して遠距離攻撃と近距離攻撃を使い分け戦闘。
なんとなくゾックを思い出しました。
刹那は終始押され気味でしたが…なんで今までのチート兵器を使わないんだ?

ハレルヤかなり久々の活躍。
しかし挟みこんでの攻撃で自機にダメージを負わせたのはどうかと思う…。

ロックオンも活躍。
ケルディムのハンドガンの出力低すぎだろ…。

で、ティエリアはヴェーダ上からリボンズへ交信を始めてみたり。
しかしセラヴィの活躍シーンで今まであったんだろうか?

戦術予報士さんはトレミーを前に進めるも被弾。
あれブリッジにあたってたらどうするんだよ戦術予報士さんよ…。

なんだかんだでエクシア対Oガンダム。
Oガンダムを放置しとくんじゃねーよとか思いましたが小さな問題か…?
でまあアムロさんがファーストガンダムに乗っかってる的な感じでしたが時間の関係で戦闘はあっさりと。
最後の攻撃でエクシアは離れてビームを撃てばよかったんじゃないかと思いますがまあ気にしません。(笑
しかしラストシューティングなポーズとかが出てこなかったのは残念。

そして全部丸く収まった感じでしたが…なんか振り出しに戻ってるような。
イオリアの計画を歪んでいると言いきってリボンズを倒したわけですが激しく感情論な気が。
今までは自分たちが世界を変えると意気込んでいたのに自分たちの存在意義を否定されたら否定した奴が悪いと短絡的に考えていたように見えてしかたない。
テロリストと見なされればそれを否定はしなくても人を殺して世界を混乱させていく自分たちはどうなんだと。
自分たちが正義だと思って力を振りかざす…どこかのガンダムでその展開を見たような。
もっとも、向こうは人を殺さない方向でしたが。

正直なところ種死の後だったから期待が膨らんでたんですが、自分の中では地上での物量を活かしてのガンダム鹵獲作戦くらいがこの作品のピークでした。
あの時トリニティが出てこなければどんな展開になっていたんだろうか。
設定はなかなか面白そうだったのにキャラが多すぎてカバーしきれてない感が出てたのが実に残念。

てか続きは劇場でってことなんですか?
流行ってるんですか?
そういうのよした方がいいと思うんですが…。


公式サイト
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

2009年03月22日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第24話 「BEYOND」

なんかここまで来てもまるで活躍してないアレルヤがかわいそう。

ルイスの抱きつき攻撃。
そこへ特攻兵器が…って機体もったいないよルイス…。

大ピンチを新たな能力で乗り切る刹那。
またこのパターンかよ…てきとうにGN粒子と絡めればなんでもありじゃないか…。

なんだかんだで皆丸く収まっていく感じに。
ダブルオーの新機能が人同士がわかり合えるようになるための機能だってのはわかりますがあんな感じじゃビリーがまるで女に流されやすいみたいでカワイソ過ぎる…。
そんでもってアンドレイの甘ちゃんぷりがなんとも…しかし中の人はこういう風に泣くの得意ですね。(笑

実は生きてたティエリア達がヴェーダ奪還。
なんか頭部には人工知能的な物がとかラジオで聞いて納得。
そういうとこを劇中で言ってくれないとなんで死んだはずなのに生きてんの?ということに…。
てか生きてたとしてどうやってヴェーダにアクセスしたのか激しく謎なんですが…。

セラフィムのトライアルシステムで敵さんの機体ダウン。
ヴェーダのバックアップなしでも行動できるように設計すべきだと思う…。
ここで大きく形勢逆転。
まさかこんな展開になるなんて…。

最後にリボンズはガンキャノンもどきで登場。
ボスが前線に出てくるってもろに死亡フラグだよなぁ。
そしてダブルオーライザーのチートスペックに対抗できるんだろうか?


公式サイト
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

2009年03月15日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第23話 「命の華」

相変わらず戦術が…もしスメラギじゃなくカティーがソレスタルビーイングにいたら面白い展開になっていたかもしれませんね。
てか敵が大量に出て来たらもう退くしかないんじゃ?
それにああいう時こそトランザムだろ刹那よ…。
あれだけの広範囲攻撃兵器持ってるんだから…。

なんだかんだでソレスタルビーイングがボコられていく展開なので面白いです。
敵さんがあまりにも純粋に敵過ぎるように見えるのが不満ですけど。


公式サイト
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

2009年03月08日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第22話 「未来のために」

新兵器で戦艦を簡単に潰して見せたりなんかしたりしてなんかもうホントにゲンナリです。
チート兵器で戦われても…。
しかもそれでアロウズに大打撃とか…。
戦術予報士さんの戦術じゃあカタロンが来なけりゃヤバかっただろうし…。
なんだかなぁ。


公式サイト
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

2009年03月01日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第21話 「革新の扉」

艦内の電源が落ちて刹那の目に気がつくサジ。
あれってホントに光ってるんですね…。
まあそれはさておき刹那もいよいよイノベイターか。

ソーマを説得できないアレルヤ。
なんかホント最近悲惨だよなぁ…戦闘に出たら無駄にボコられてるし。
いや、今後大活躍のためにこんな感じになってるのか?

敵の罠かもしれないのに指定ポイントへ向かうソレスタルビーイング。
詰めの甘さが…。

生きていたものの自分の境遇とかを話し出して死亡フラグを立てるリューミン。
ネーナが言っていたようにわかりやすい理由+わかりやすい死亡フラグでこちらとしてはもうゲンナリ。
いや病んでるのは悪くないですけど。(笑
で、リューミンをかばって死ぬホンロン。
お約束ですよね…。
ただああも簡単にハンドガンの弾が抜けるってのは…Five-seveN的な感じなのか?

グラハムが素顔を晒し登場。
まさかミスターブシドーがグラハムだったなんてー。(笑
一騎打ちとか相変わらずわかりやすい…。
リボンズもグラハムなんか向かわせずにイノベイターの誰かを向かわせてたら簡単にダブルオーライザーを鹵獲できたんじゃ…?
まあこればかりは運の要素が大きすぎるから無理か。

リューミン死亡。
なんかネーナの言ってることもリューミンと大差ないような。
そして今度はリューミン死亡。
目標を達成しても何も解決しなかったルイスは今後どうなるんでしょう?
リボンズの操り人形とか?


公式サイト
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

2009年02月22日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第20話 「アニュー・リターン」

結局ラッセは撃たれたか。
いいとこなしだなぁ。

アニューを見つけるソーマ。
アニューがですですからこっちに拳銃を向け直すまでの間に撃っちゃえばよかったのに。
元々軍人なんだしそれくらいしても不思議じゃないんだけどなぁ。

なんだかんだでアニュー逃走。
それを撃てないロックオン。
視聴者的にはもうマイスターやめちまえよ的な感じでした。
そもそもアニューとどれだけ仲がいいかとかほとんど描かれてませんし。

イノベイターになるらしいルイス。
なれるんですね…でも洗脳装置的なものなのか?

攻めてくるイノベイター。
アニューの機体がやたらとカッコイイです。

ロックオンはまたも撃てず。
結局刹那が撃墜、しかもそれを責めるとは…今回でロックオンの株が暴落…。
もっとロックオンとアニューのことを描いておくべきだったのでは?
急に回想シーンとか挟まれても…。

撤退するイノベイター。
なんか敵さんはほんとに無駄に戦力を消耗するのが好きですね。
戦隊物で毎回怪人が一人ずつしか出てこないとかいう感じを思い出します。


公式サイト
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

2009年02月16日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第19話 「イノベイターの影」

姫様ピンチ、かと思いきやあっさりと…。
なんだかなぁ。

ハレルヤ覚醒。
元気そうで何より…。

いたずらに戦力を消耗するアロウズってなんなんだろうか…。

アンドレイ…なんか気持ち悪いなぁ。

アニュー覚醒。
ラッセ見せ場がなかったのにここで死んだら悲しすぎる…。

裏切るネーナ。
リューミンの今後に期待してただけに残念。
結局なんだったんだよリューミンは…。
そんでもって機体がなんかエヴァのOPぽかったような…。


公式サイト
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

2009年02月08日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第18話 「交錯する想い」

自分の中でがっかりな作品になりつつある気がしてきた…。

なんか刹那がサジを説得して戦わせてる姿が"クルジスのガキ"を言葉巧みに戦闘に参加させていた姿と重なって見えるのは自分だけでしょうか?
ガンダム=正義な感じの刹那はなんか妄信的過ぎると言うか。

自ら戦闘に出るマリー。
大佐涙目過ぎるだろ…。

できてる二人。
アニューの性格に驚いた…。

マネキンは軍を去ったのか?
もしかしたらCBと合流するとか?

なんだかんだでルイスを抱きしめるアンドレイ。
なんか勝手に一人で盛り上がってそうだから困る。

姫様ピンチ。
流石に死なないと思いますけどもし死んだらなんかもういろんな意味で悲惨ですね。


公式サイト
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

2009年02月01日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第17話 「散りゆく光の中で」

大虐殺作戦。
人質からの情報漏れは防げても兵士からの情報漏れはどうするつもりなんだろうか?
流石にここまで大々的な虐殺行為には反感を示す兵士も多いと思うんですが。

「守るための戦い」とかなんとかと言われて出撃するサジ。
皆何かを守るために戦っているんじゃ?
そうじゃないのは上層部くらいんのもんじゃないんだろうか?
アロウズの兵士だって多くは守るために戦っているんだと思うんですが。
そしてお互いに守るための戦いだと思っているから戦争は終わらない、と。

なんか馬鹿長いビームサーベルで攻撃するダブルオーライザー。
流石にこのとんでも兵器には笑いました。
もうなんでもありじゃないか…。
頼むから機体のスペックじゃなくて戦闘技術とか作戦とかでどうにかしてください。
なんかキラ様を思い出しちゃうじゃないですか…。

しかし砲撃はあたりタワーは崩壊。
プレートがパージされて大地に降り注ぐ…って、そうならないように設計しておくべきじゃないのか?
ソレスタルビーイングはそれの破壊活動へ。
珍しくアレルヤが活躍してるように見えました。(笑
カタロンだけでなく、正規軍まで破片破壊に加わった時は泣けました。
こういう展開に弱いんです。
いやまあ軍人としてあの対応で良かったのかというのには疑問が残りますけど人としては正しいでしょう。

ソーマも出撃して破壊活動に。
そしてセルゲイ登場。
ソーマがMSに乗ってると知って裏切られたと感じたでしょうか?
最後には息子に殺されるし最悪な最後だった気がします。
やっぱりいい人キャラは死んじゃうんですね…アニメの宿命か。

当の息子は父を裏切り者と判断したわけですがコイツ短気だよなぁ。
証拠もなく攻撃に出て人の話も聞かない…。
ただ単に恨みを晴らしたかったようにしか見えない。
しかもその恨みってのも八つ当たりに近いもので…なんか子供だよなぁ。
この件、ちゃんと処理されれば軍法会議になるはずですが多分うやむやにされるんでしょうね…。


公式サイト
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

2009年01月25日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第16話 「悲劇への序章」

オートマトンとキルモードで投入してくることを予見しての作戦を立てているのに人質全員を消される可能性について考えていないのはどうなんだ?
軍人なら最悪の可能性も考えておくべきではないかと思うんですが。
ついでにオートマトンの装甲の薄さはどうにかならないんだろうか?
せめて傾斜させておけば弾は逸れやすくなって防御力の向上につながると思うんですけど。
アサルトライフクラスの武器で破壊されるようじゃ戦力として微妙な予感です。

ねつ造される情報。
電子情報に証拠能力はないってタチコマのセリフを思い出しました。

グラハム対刹那。
調子の悪い刹那と互角な感じじゃ困るでしょグラハムさん…。
機体性能の差なんでしょうけどね。

二機目のメメントモリ。
エレベーターごと破壊するつもりってことでしょうがそうなると太陽光発電とかどうなるんだ…。
しかしこの作戦で実行犯やら人質を消せたとしても後々ぼろが出そうな。
でも電子的な情報のねつ造が普通に行われている世の中ならそれも可能なのか?


公式サイト
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

2009年01月18日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第15話 「反抗の凱歌」

なんか今回の見所は姫様だけだった気がする…。

結局前回、なぜ歌が聞こえたのかは謎のまま。
後々でもいいからちゃんと理由があるといいな…。

トランザムを使用しての狙撃で30機位にまで敵を減らすケルディム。
他の機体でトランザムを使ってトレミーで逃げ回りつつケルディムのチャージが終了したら狙撃して徐々に敵を…ってそれは無理なのか?
てか今回のスメラギさんの作戦はどういった内容だったんだろうか?
まさかケルディムで最初に狙撃して数を減らし後はてきとうに戦ってとか言ってたんじゃ…。

あっさり新型に捕まるセラヴィーとアリオス。
セラヴィーは不意を突かれたからまだわかるけども敵がどんな攻撃してくるのかわかってるのにまんまと喰らうアレルヤって…。
なんか最近、ホントにいてもいなくてもよくなっちゃってますね。
多分GNアーチャーと組んで大活躍とかしてくれるんでしょうけど。
でもまた新型で押し返すって展開は勘弁願いたいなぁ。

クーデターによりアロウズの作戦は中止に。
死んでったパイロットがかわいそうだ…。
今後はこのクーデターへの対応という感じで話が進んでいくんでしょうか?
なぜかわからないけどゲンナリしている自分がいます…。

刹那の前に立ちはだかるブシドー。
なんか機体が昆虫…バッタな感じがしたのは自分だけでしょうか…?


公式サイト
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

2009年01月11日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第14話 「歌が聞こえる」

OP、種みたいなこと始めたのかと一瞬ビビりました。
無駄に脱ぐ的な意味で。
さらになんか曲が作品にあってないような。
多分そのうちになれるんでしょうけど。

まさかの不時着。
なんだかんだで頑丈だなぁトレミー。

マリーは実戦参加したのか…?

姫さまはすっかり保母さんが板についてきたなぁ…。

挑発するサーシェス。
それに応じる刹那。
サーシェスは相変わらず無茶が好きだなぁ。

オーガンダムに乗っていたのはリボンズ。
刹那としては複雑な心境だろうなぁ。

まとも斬られるヴァーチェ。
なんとも修理費のかかる機体だ…。
そもそも対MS戦闘に用いるのが問題か。

ヴァーチェからセラフィムガンダムをパージ。
なんでこんな機能を…?
まさかビックリさせるためだけじゃないだろうし。

圧倒的チート性能でサーシェスを圧す刹那。
なんかやっぱり納得できないなぁ…。

なぜか歌が聞こえてきて刹那は止めを刺し損ねる。
なんで聞こえた?
もちろんちゃんとした理由があるんですよね?
GNドライヴの共鳴的なものでもなんでも…。

ブシドーの新型登場。
デザインが…デザインが…。


公式サイト
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

2008年12月28日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第13話 「メメントモリ攻略戦」

相変わらずのギリギリな作戦。
やはりエヴァを思い出します。(笑

ガデッサと交戦するも圧倒する刹那。
機体の性能差か…。

突撃するトレミー。
アレルヤの出番がトランザムだけとかどれだけ酷い扱いなんだ。
ここ最近出番がないってことはそのうち活躍できるんだろうか…?

シールドビット展開。
思っていたよりも機敏に動きまわる兵器で驚きました。
しかしまあよくトレミーの加速についてこられるなぁ…。

セラヴィーのトランザムでの攻撃。
凄くビーダマンぽかったです。(笑

セラヴィーの攻撃後、目標を狙撃。
別にもう一発セラヴィーの極太ビーム砲でもいけるんじゃないかと思ったりしたんですが…そんなことはないのか?(汗

厭味な少佐は死ぬんだろうなと思っていたら案の定戦死。
期待を裏切りませんね。(笑


公式サイト
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

2008年12月21日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第12話 「宇宙で待ってる」

ダブルオーライザーとトランザムの圧倒的な力で敵をどんどん撃破していく刹那。
ついにはイノベイターの機体までも撃退。
なんかもうゲンナリです。
不利な状況になったかと思えば新兵器で押し切るって…。
もっと技量とか作戦とかでこういう事態を切り抜けて欲しいなぁ…。

さらに声を聞きつけてガデッサを発見、攻撃、撃退。
黙って作業してたら見つからなかったのか…。
それにしても残像まで出すなんて。

イノベイターはツインドライブやらオーライザーやらの性能を知らなかったようで彼らの計画に狂いが生じつつあるんでしょうか。
戦術レベルでは圧倒的に上だと思うので情報が集まれば抑え込めると思いますが。

ルイスはサジがソレスタルビーイングとつながっていたと勘違いして狂いっ子モード?
個人的には嬉しい展開ではありますがサジのことを考えたらかわいそうでなりません。

ルイスに話しかけたり腕を握ったりするセルゲイ息子。
なんか物凄いセクハラオーラを感じるんですが自分だけでしょうか?(笑

刹那とサジの会話。
刹那は相変わらずわけのわからないこというなーとか思ってたんですがロックオンの解説のおかげで理解。

カタロンの部隊が進行するもメメントモリから攻撃で大打撃。
てかカタロンてこんな大規模な部隊を持ってたんですね…そりゃアロウズも結成されるわ…。

またやらかしかけるサジ。
思いとどまってよかったけども…んー、今後大変そうだなぁ。


公式サイト
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

2008年12月14日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第11話 「ダブルオーの声」

ティエリアの話を聞いても「俺達は自分を信じて戦い抜くぜ」的なソレスタルビーイングの面々。
なんかこれを見た時物凄くゲンナリしました。
揺るがない自分を持っているのは結構なことだろうけど、自分のやっていることのみを信じ武力で解決していくってのはある意味アロウズとも変わらないわけだし。
論理的に考えて、自分たちは戦っていくぞと言うならまだしも否定されてたら生きていけないからといった感じで突っぱねるのは…。

お出かけ準備。
ソレスタルビーイングの秘密基地は結構な規模だったようで。
よくもまあそれだけの金と人脈が。

戦闘開始。
戦力を分析して挑んできているんだろうから勝つにはオーライザーとかの新型にかけるしかないようですね。
お話上勝つんでしょうけどなんかその手の展開はエヴァを思い出す…。

キャノン砲でぶち抜かれるプトレマイオス。
ブリッジを破壊しなかったのは命中精度的に無理だったからか…?
でも作戦に組み込まれていたわけだしそこそこの命中精度はあってしかるべき…んー。

有能なメカニックさん。
なんかイノベーターの香りがすると感じるのは自分だけ?

オーライザーで駆け付けるサジ。
よく撃墜されなかったなぁ…。
そして合体。
刹那は高速移動しつつ戦闘を…ってあの合体態勢だとサジが大変そうだなぁ。(汗

ダブルオーライザーのトランザム発動によりNT状態発生。
GNドライヴが脳量子波と関係あるんだからこの手のことが起きても不思議はないんでしょうけどなんかこういかにもガンダムだなぁと…。
ルイスとサジは今後どうするんですかね。


公式サイト
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

2008年12月07日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第10話 「天の光」

スメラギとビリーの年の差は5つつか…ビリー…。

またも新型登場。
相変わらずデザインが変わってるなぁ。

姫様に話しかける少年。
物凄く…コナンだ…。
コナンだ。

アリオス用の機体が。
マリーが乗るのか?

にいにいずって…。
それにしてもサーシェスは無駄にカッコイイよなぁ悪役らしくて。

宇宙からのビーム照射。
えげつない兵器だなぁ。

なんか皆NT化してるなぁ。
そんでもってセルゲイが…。
さらにハレルヤが…。
次回が楽しみです。


公式サイト
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

2008年11月30日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第9話 「拭えぬ過去」

なんかアレルヤとマリーが一緒に出てくると妙な空気になってる気がするのは気のせいですか?(笑

サーシェスとの戦闘。
二機でかかって勝てないとは…昔は機体性能で押し切ってきたソレスタルビーイングだからこんなものか…。
もっと腕を磨くべきだと思います。

隠し腕攻撃。
セラヴィーにはこんな機能があったんですね。
プラモでは再現されてませんでしたが足のキャノン砲にこれがあるってことは肩のキャノン砲にもあるとみてよさそうです。
しかしあの場合、ビームサーベルを使うよりもキャノン砲ぶっ放した方が早かったような…。

サーシェスの話からルイスの症状についても判明。
再生治療をすると副作用がきついようですね。

またもライセンス持ち登場。
ライセンスの大安売りの予感が…。

過去の話とかをするソレスタルビーイング。
現ロックオンはあまり過去にはこだわらないようですね。
そっくりな兄弟なのにここまで違うか。

宇宙へ。
マネキンも敵が宇宙に上がると読んでいたのならもっと部隊を配置するべきだったのでは…?
それにしてもダブルオーの射撃攻撃威力高すぎだろ…。
もうチート的性能です。(笑


公式サイト
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

2008年11月23日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第8話 「無垢なる歪み」

ソレスタルビーイングの存在意義が問われてきましたね。
なんだかんだで武力で対抗っていうのは今までの戦争と変わらないわけで…今後どうするんでしょうか?


イオリアの計画によるとアロウズがソレスタルビーイングに勝つようですが…その割にアロウズはぬるいですよね。
そのうち本格的に仕掛けてくるんだろうか?

来るべき対話って…宇宙人?

「つかぬことを伺いますが〜」ってオペレーターのですです…相変わらずうz(ry

攻撃的なフェルト。
わかっていても、か…若いな。
そして一瞬ヤンデレ発症かと…。

少佐の知っていることを大佐は知らない…。
なんでアロウズに招いたんだ?

新型MS…ガンダムの機体っぽくないなぁ…。
そしてコーラサワーも登場。
久々…。

コーラは純真だなぁ。

フェルトとソーマは和解。
案外早かったなぁ。

ティエリア…女装かよ…。

自分の信念に固執するティエリア。
人間らしくなったと共に冷静さを失ったのか?
でもまあ自分の信念を否定されたら黙ってはいられないか。

大した変装もせずに会場近くにいる刹那。
挙句の果てにカタギリに見つかって騒ぎに。
そもそもスメラギを迎えに行く時に顔を晒すべきじゃなかったし見られたのなら消すべきだったろうに機密保持的に…。
それスタルビーイングの影響で民間人に被害が出てもやむなしとか言ってた割にはやることが中途半端なんだよなぁ…ソレスタルビーイングって。


公式サイト
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

2008年11月16日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第7話 「再会と離別と」

なんだかアレルヤが…。

撃てなかったサジ。
自分の信条は変えられないか。

「歯ごたえがない」…歯ごたえ?

トランザムで一矢報いるもオーバーロード。
ブシドーはとどめをささず。
敵前逃亡扱いにされ…ないんだろうなぁライセンスがあるし。
なんでそんな特権を持ってるんだ?
そんな特権をもらえるほど腕が立つとも思えないんですが…。
そもそも戦争は一兵士がどうこうできるものじゃないわけだし。

機体をぶっ壊してまでソーマを追っかけまわしたアレルヤ。
挙句にロストされてしまうわけですがソーマが思い出してくれたわけだしそれでいいのか?

思い出してからのソーマはなんだかいつも以上に人間らしい。
物凄い違和感だ。(笑

駆け付けるスミルノフ。
ソーマは戦死扱いに。
相変わらずカッチョいいなぁ大佐。
しかっしなんかパパっぽくもある。(笑
なんか死亡フラグ立ってる気がしたけど生き残ってよかった…。
あ、でも大佐の息子は涙目か?
そんでもってトレミーに戻った後なんか面白い空気になりそうな予感。

ティエリアは自分の出生の秘密を知ってるわけでもない?
いやある程度は知ってるのか。


公式サイト
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

2008年11月09日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第6話 「傷痕」

サジを責めるティエリア。
昔のティエリアを思い出します。
てか悪いのはサジなのか?
なんでも弾圧しようとする軍隊と武力で抵抗しようとしてた勢力の方が…。
自分可愛さにと批判はされるでしょうけど。
そしてサジは立ち直れるのか?
さらにロックオンにこのことが知れた時に生き残れるのか?

マネキン大佐に喧嘩を売る少佐。
軍隊には上官を侮辱してはならないって規則無かったっけか…?
あれであっさり独房送りだったら面白いのに。

スメラギは以前AEUに所属していてマネキン大佐の部隊と同士討ちをしてしまったようで。
そんなことがあったんだから酒びたりにもなるわけか。
そう考えるとマネキン大佐は強いなぁ。

ホンロンはリューミンの兄だったんですね、衝撃の新事実でした。
なんで妹に頭が上がらないのか気になるところではありますが…なんか実は血がつながってなくてリューミンの方がいい家柄だったとかそんなんでしょうか。
違うか。

ルイスを見ての感想が「乙女だ」なセルゲイジュニア。
この作品の登場人物って…。(笑

ダブルオーに斬りかかるブシドー。
相手に触れる直前までビームをオフにしておけば受け止められることもなくバッサリいけるんじゃないかとか思っちゃいましたがそれ言い出したら今までのガンダムシリーズでも言えることなので気にしません。(笑

勝手に突っ込むルイス。
てっきりガンダムを倒したいのかと思ってましたがソレスタルビーイングが憎いようで。
てかいくら財力を使って軍人になったからってこの勝手な行動はまずいだろう…。
本人からしてみればソレスタルビーイングの要である戦艦を落とせばそれで自分の目的は達成できるからいいってことなんだろうか?

ルイスに発砲するサジ。
本人たちは知らないわけですがどうなることやら。
こんなところで切るなんてやってくれますね。(笑

ボコボコにされるアレルヤ。
ガンダムがもったいない…。

次回予告の最後の言葉を聞くに、セルゲイかソーマが死にそうな予感。
死ぬとするなら多分セルゲイですかねぇ…。


公式サイト
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]